わきがクリーム

ストレスをわきがの関係!

ワキガの原因にあげられる二大要素は、食生活の欧米型とストレスと言われます。

 

女性のワキガ増加には、食生活の変化のほかに社会生活の変化もあるのです。
政府による男女均等雇用により、女性の社会進出が進みました。
男性と同様に学歴や就職活動を期待されるようになったのです。

 

女性の仕事がお茶くみ等の男性サポートから、男性と変わらないものへと変化するようになりました。
家庭を守ると言う女性がかつて行っていた役割から、男性と同様に戦うと言うように変化したことで、
大きなストレス原因となってしまったのでしょう。

 

ワキガの悩みは専業主婦をしている女性よりも、OLや学生が圧倒的に多いのです。
また、OLや学生であった方が専業主婦になることで、ワキガのニオイが薄くなると言う結果も出ています。
女性本来の役割に戻る事によって、ストレスが緩和されたのが原因だと言われます。

 

ストレスがワキガを悪化させる理由はなぜでしょうか?

 

人は緊張や興奮状態により汗をかきます。
ストレス性の汗は「精神性発汗」と呼ばれ、生理的に起こる「温熱性発汗」とは違います。
ストレスを感じる事で、アドレナリンが増量し血糖値が上昇する。
それによって汗線が刺激をうけ汗の量が増加するのです。

 

緊張状態により、ワキガの原因となるアポクリン汗線を始め、生理的発汗を行うエクリン汗線、
皮脂線から分泌物が増加し、混ざり合いワキガが悪化しやすくなるのです。

 

ワキガは性格にも関係がある?

 

ワキガは、ネガティブ傾向な人の場合、さらなる問題が生じます。
その理由は、実際にワキガのニオイが酷い訳でもないのにかかわらず、
「私のニオイが周囲に迷惑をかけているのでは?」と常に周囲を気にすることで、
緊張状態に陥り汗を増加させてしまうからです。

 

このよう社会の変化と、食生活の変化は同時期に進んでいるのは偶然だとは思いますが、
共にワキガの原因として進行を促し、女性のワキガ人口が増えた理由となったのではないでしょうか?