わきがクリーム

食生活とわきがの関係

食生活とワキガの体質に関係があると言う事は、多くの方に知られている事です。

 

元々日本人は、体臭が少ないと言われているのが、アポクリン汗線の関係だと言われています。
しかし、戦後の高度成長期を経過し日本人が余り食べる事が無かった、
肉類や乳製品等の資質の多い欧米型の食生活へと徐々に変化していきました。
これにより、日本人の体質も徐々に変化していきました。

 

欧米型の肉類や脂質(簡単に言うと乳製品)を好んで食べる事により、
ワキガが悪化する傾向があると言われています。

 

理由は、それら肉や乳製品に含まれる脂肪分が、ワキガの匂いの元になる
アポクリン汗線と皮脂線に影響する事にあるのです。

 

食生活の変化は女性だけでなく、男性も同様に変化しています。
なぜ、女性の方が多くなるのか?の理由の一つには、お菓子・甘いものが好き
という事が関係するのかもしれません。

 

ワキガの原因となる、肉類に含まれる動物性脂肪、
乳製品・タマゴに含まれる脂肪酸・中性脂肪があります。

 

女性が好む甘いお菓子の材料には、タマゴ・牛乳が使われないものは少なく、
ワキガとお菓子の関係性は否定できないのかな?と感じてしまいます。

 

お菓子の食べ過ぎであるなら、生活習慣病の心配も出てきますから控えた方が良いでしょう。
しかし、ワキガの原因にはストレスの存在も大きいと言われています。

 

甘いお菓子を我慢する事によって、ストレスを溜め込んでは
逆にワキガの原因になってしまう可能性があります。

 

個人的には無理やり甘いものを節制するよりも、野菜中心の昔ながらの和食にすればよいと思うのです。
野菜中心の生活にしたからと言って、すぐに効果が出てくるとは思えません。

 

が、ワキガだけでなく様々な健康にも良い影響を与えるでしょうから、諦めずに頑張ってみてください。

 

和食中心にすると、味が単調になると言う欠点がありますが、香辛料や刺激性の強い食品は、
ワキガの原因を興奮させ張り切らせてしまうそうです。

 

注意しておいてくださいね。